有限会社ジャルダン ドゥ サンテュール ジャルダン ドゥ サンテュールTOPへ
恵みのクリスタルウォーター
資料請求はこちら
オングストローム TOP オングストロームってなあに? オングストロームの紹介 飲用のコツ お水のお話 愛飲者の声

オングストロームの紹介

「Angstrom」について

オングストロームについて

ナノ技術を取り入れ『Angstrom』を開発したのは金博士。機械技術の専門家である博士は、ナノ技術製品に機能性を生み出したと同時に、既存技術の革新を果たしたとして世界的にも注目されています。

『Angstrom』はアルカリ性の硬水で、キレがあってすっきり飲みやすく、アルカリ性の体液を持つ人間の体にとってやさしいお水です。

また、酸化還元電位がマイナス250mvと低いため、抗酸化力が非常に高いミネラルウォーターです。

オングストロームについて

緻密な製造ステップ

ボトリング工場の地下にある源泉水をポンプでくみ上げ
MICRO FILTERでろ過(メッシュ径0.5m)
ELEMENT(活性炭フィルター)
UF FILTERでろ過(メッシュサイズ0.1m)
NF FILTERでろ過(メッシュ径0.01m)
UV STELIRIZER(30,000W・sec/cm2)透過率Transmissivity99.9%
STORAGE TANK(UV LAMPにより持続的に殺菌)
FILLER/CAPPER(PETボトルへの自動充填・密封)
くみ上げた地下天然鉱泉水を最先端ナノフィルターでろ過し、不純物を完全に取り除きます。

イオン化工法による5つの活性化段階を経て磨かれること45日。

世界最小のクラスターを持つ『Angstrom』の誕生です。

『Angstrom』は、厳しく衛生管理されたクリーンルームにてボトリングします。
第2次的安全装置としてUV殺菌しています。
ボトリングされた『Angstrom』は、厳しい品質基準に基づいた検査を一本一本丁寧に行っています。
コンピューターによる水質チェックの他、ボトリング工場に併設された研究センターでは、98項目にわたる検査を毎日実施し、品質管理の徹底に努めています。

FDA承認

FDA(米国食品医薬品局)とは、日本で言う「厚生労働省薬務局」にあたり、健康食品についての治験や承認審査もしている機関のことです。
アメリカでは、FDAによる審査やPL法(製造物責任法)での企業の責任はとても重いですし、アメリカの市民団体等の厳しい監視の眼もあるため、低品質な商品は生き残ることは困難です。

アメリカによる医薬品の治験・審査承認体制は日本のそれを大きく上回っております。
『Angstrom』は、その厳しい審査を通り抜け、製品の安全性と有効性をFDAにより承認されています。

世界最小の星型クラスター

クラスターとは、水となる酸素と水素の分子が結びついた塊のことで、ぶどうの房という意味を持っています。氷に似た形をしています。

人間をはじめとする哺乳類動物の老化とは、体から水分が減ることと定義されていますが、クラスターの小さな水は細胞との結合が強いので、なかなか体から離れません。逆にクラスターの大きな水は結合が弱いため、すぐに離れてしまいます。
クラスターの小さな水を常飲することにより、体の芯からみずみずしさを取り戻しましょう。

過酸化水素(H2O2)を除去できる

オングストローム簡易テスト

【準備するもの】

・Angstrom
・他社ミネラルウォーター(A,B)
・水道水

簡易テスト準備品
簡易テスト準備品

実験内容: 簡易水質測定

【使用する主試薬】
酸素と4-アミノアンチピリン

【実験方法】
4種類の水をパックテストキット(右写真)を使用し、実験をおこなった。

パックテストキット
パックテストキット

【実験結果】
下記のとおり色の変化は無く過酸化水素が含まれていない事を確認。

実験結果

→

1分後の実験結果

1分後の実験結果
過酸化水素分解テスト

オングストローム簡易テストの結果に基づき、過酸化水素が含まれていない4種類の水に、過酸化水素を加えテストを行った。
*還元力のある水は、ヨウ素とカリウムを分離させる力がある。

【実験結果】
過酸化水素分解=ヨウ素を還元する力は同等15分後、還元能力のある水はヨウ素を還元する時に水の色が変化するのでこの実験結果からオングストロームのみ変化した事により過酸化水素は分解されたと証明された。

【補足】
他社のミネラルウォーター(10種類)をテストしたがいずれも変化はなかった。

過酸化水素分解テスト実験結果
過酸化水素分解テスト実験結果

酵素と抗酸化物質のキープ

日々どのような水を摂取しているかによって、酵素の働きは変わってきます。
水道水をはじめとするさまざまな水で酵素活性を調べてみたところ、大都市部分の水道水では酵素活性は100%ではなく、80%以下しか発揮されませんでした。中にはなんと30%しか発揮されない地域も。

こうした水を利用している地域では、体内酵素の働きを低下させているので、体力も免疫力も低下する恐れがあります。

コレステロールを溶かす界面活性力

私たちの生活環境の中で発生する、体に摂り込みたくない不要物といえば、PCB(ポリ塩ビフェニール)、ダイオキシン、農薬、食品添加物、農薬、化学薬品などがあります。こうした不要物は水にはほとんど溶けず、脂肪(油)に溶ける性質がありますから、体の脂肪質の中に蓄積しやすくなっています。
逆に言えば、水に溶けるものは排泄されるので体に大きな影響はありません。

これらの不要物は水には溶けませんが、雨によって流され川や海に流れ込み、そこに生息する生き物の脂肪組織に蓄積するため、魚介類を摂取する際に体内に入り込んでしまいます。
一度摂り込んでしまった不要物を洗い流すには、油を溶かして体内脂肪を分解代謝しなければなりません。

コレステロールを溶かす
『Angstrom』は非常に小さなクラスターを持っているため、表面張力が通常の水より小さく、油と大変混じりやすくなっています。

 

コレステロール
△ ページTOPへ戻る
TOPオングストロームってなあに?オングストロームの紹介飲用のコツお水のお話愛飲者の声Q&A
Copyright(C) Jardins de Senteur S.A.R.L All Rights Reserved.