オートフューチャー・ライティングが今までの絵画ではありえない、
夜明けから夕暮れ夜の帳へと1日の「時の流れ」を可能にしました。
オートフューチャー・ライティングは、昼の明かり(ハロゲンランプ)と夜の明かり(ブラックライト)をコンピューター制御により交互に自動調光させます。
リモコン操作により、ON・OFFはもちろんの事、速さ調整(1クール90秒・130秒)の切替や、STOPボタンで時の流れを止め、好きな明るさをキープすることが可能です。
部屋を明るくしたくない場合も、夜景ボタンで昼の明かり(ハロゲンランプ)を30%で止めることも可能です。(1年間保証)